海外で薬剤師として活躍するには

海外

グローバルに働く

薬剤師になる人は、男女比でいうと女性の方が多いです。
そのため、結婚や出産、転勤といった家族の都合で仕事が続けられなくなる例もあります。
転勤先や、出産後の就労時間の変化があったとしても、せっかく大学に通って国家試験を受けて取得した薬剤師の資格を有効に活用したいと思う人は多いものです。

最近は薬剤師がドラッグストアで働く場面も増えたことで、雇用の機会が増えていますし雇用形態も正規職員だけでなくパートでの採用も増えています。
そのため、転勤であったり子育中であったとしても資格を活用して働くことができることも多くなりました。
しかし、家族の都合で海外に赴任することとなると、薬剤師資格を使用することが難しい場面も多くあります。

海外では、日本とは薬の使用についての法律や規制が異なっていることも多く日本で学んだ知識では対応できないことも多くあります。
そのため、その国の薬剤師の試験に合格して新たに薬剤師の資格を取得しなければならないです。

外国人でも薬剤師試験が受験可能な場合には、薬事法をしっかりと学んで準備をすれば合格することができますが専門知識はもちろん、問題文を読み解くための語学力
も必要であるためかなりの難易度です。
そして、国によっては外国人には受験資格がないということもありますから、薬剤師の国家試験に合格していても外国で薬剤師として働くことは難しいことが多いのです。

日本の薬剤師資格を利用して働く

日本の薬剤師資格を用いて働くと言うのは相当に大変なことです。
薬剤師として、薬の調剤の仕事はできないのですが、薬剤師の資格が活用できる方法として大学や病院、製薬会社で研究者として働くことはできます。
ただし、そのためには様々な条件が課せられることも多くあり、その条件も国によって異なるので必ずそのような仕事につけるとは限りません。

また、海外で働くためには相当なビジネスで英会話が使える程の英語力が必要です。
仕事となるので、専門用語の知識も必要となりますから、就職までも厳しいですし、就職後も勉強が相当な努力を要します。
地域や職場によってはTOEFLのスコアが求められることもありますし、今までの職歴や研究歴も求められることもあります。
スキルアップの方法として、独学や留学の他に、ビジネス英会話スクールに通うという選択肢もあります。

コメントは停止中です。