薬剤師のやりがいについて

薬

人の命を預かる仕事

薬剤師という仕事は、医師と同じく人の命を預かる仕事です。
医師と同じく6年間学校に通って国家試験に合格した人が就くことができる仕事でありながら、どうしても楽な仕事に思われがちです。
しかし、常に正しい薬を渡すことや相手にわかりやすく薬の服用方法や用法用量を守るよう指導をすることは意外と大変な仕事なのです。

多くの人が、薬剤師は患者さんが持ってきた処方箋を見て、そこに描かれている薬をただ渡しているだけのように思いがちです。
しかし、この作業こそがとても大変なことであり薬剤師としてのやりがいにつながることなのです。

薬剤師は、医師の指示通りに処方箋に描かれている薬を用意していますが、そこで渡す薬が正しいもので書かれた通りの量を用意するために細心の注意を払いながら作業を進めます。
忙しい時には一度に複数の患者さんの処方箋を預かって薬の用意しますから、渡し間違えがや入れ違うことが内容に何度も確認しつつなおかつ患者さんを待たせないように迅速に準備をする必要があります。
この作業は一見簡単そうですが、意外と集中力が必要で頭を使う作業です。

そして、患者さんのアレルギーや既病歴、過去の薬でのトラブルを確認して渡す薬が問題ないのか確認もします。
それ以外にも、医師が処方箋で指示した薬がきちんんと患者さんの病状にマッチしているのか、薬の種類や用量や適切であるかということもしっかりと確認しています。
もちろん、薬を渡す際には、薬の効果や効能、一度に服用する量や服用の際の注意点まで説明して正しく服用するように促すこともしています。

最近ではお薬手帳を用意している人も多いため、お薬手帳に渡す薬の内容を添付したり、過去の手帳の記録を確認して薬の内容についても確認したりしています。
このように、ただ渡された処方箋でありながら、薬が手元にわたるまでには薬剤師がたくさんの確認をして確実に効果が出る薬が渡せるように配慮がされています。

薬剤師の仕事の領域

このような調剤薬局で仕事をしている薬剤師以外にも、様々な場所で薬剤師は働いています。
例えば、最近ではドラッグストアで働いている薬剤師がいます。
彼らは、調剤薬局を併設していれば処方箋の受付もしますしそうでなければお客さんの症状にあった薬のアドバイスをします。

お客さんの顔が見えて、自分の意見を求められる場面があるというのは仕事をしていてやりがいを感じるものです。
また、ドラッグストアでは、ただ薬のアドバイスをするだけでなくレジ打ちや清掃など臨機応変に仕事を行う必要もあります。
自発的な働きが必要な面でも仕事のやりがいを見い出すことができます。

研究施設や製薬会社で研究をしている薬剤師も、研究を通してやりがいを見出しています。
新薬の研究に成功したり、それによって患者さんの命が救えたり副作用の少ない薬が生み出せたりすれば喜びは大きいものです。
どの領域で仕事をしている薬剤師にとっても、仕事をしている中でやりがいを感じる瞬間というのはあるものなのです。

コメントは停止中です。